8sukunai.jpg血液センターの看護師の給料というのは、

ちょっと気になりますよね。

 

基本的には夜勤がなく、

残業も少ないという点があります。

つまり、夜勤手当や残業手当がないんです。

 

 

基本給ベースでは実は大きな差がないのに、

この夜勤手当と残業手当という二つの大きな収入源がないので、

やはり少な目にはなるんです。

 

ただ、別の手当がたくさんつくこともあるんですよ。

少し変わった手当としては、地域手当があります。

 

これは勤務する地域によっては異なります。

勤続年数が長くなってくると、

住居手当や扶養手当なども付いてくることもあります。

 

 

あまり多くはないとはいえ、

残業があれば残業手当もちゃんとついてきます。

 

このような手当を含めると、

初年度の年収が350万円くらいになることも多いんです。

 

 

勤続年数が長くなってくると、

実は基本給も高くなります。

 

基本給があがると、

実はさまざまな部分で収入が増えていきます。

例えば、残業手当も基本給をベースで計算されますし、

ボーナスも基本給がベースです。

 

長く勤めれば当然、各種手当などがあがる、

ボーナスがあがるということになりますよね。

 

 

血液センターでは休日出勤もありますので、

この休日出勤の手当も付きますし、

年末年始などには特別手当も出ますよ。

 

 

以外にさまざまな手当をもらうことが出来るので、

思っていたほど給料は少なくなかった。

という人も多いんですよ。

血液センターの仕事の給料って?

7kyuuryo.jpg血液センターの看護師と言えば、

実は夜勤なし、残業も少なめという職場になっています。

 

看護師の多くは、夜勤もあり残業も多い。

という病棟勤務を経験していると思います。

 

 

給料明細などをみると、

夜勤手当や残業手当の金額が

桁違いに多かった人も多いですよね。

http://seo-result.biz/

 

そうなると、血液センターの仕事はこの夜勤手当、

残業手当が付かない分、とても低くなるのでは?

と思いますよね。

 

 

実際にもらうことが出来る給料は、

月収でだいたい20万円くらいになります。

 

基本給だけでみたら、だいたい病院勤務と同じですが、

手当が付かない分やや低くなるということは、

確かにありますよね。

 

 

ただ、基本給の部分はこのようになっていますが、

実際に働いてみると、意外に多くの収入になっていることもあります。

 

これは経験加算や通勤手当、家族手当、住宅手当など、

各種手当が付くことが大っくなるからです。

 

 

献血の仕事を長年務めていくと、

はやり実務経験が増え給料アップも狙えるんですよ。

 

 

正職員ではなくパートとして働く場合には、

だいたい日給で計算されます。

 

8000円~9000円というところが多く、

プラスして交通費などの支給もありますよ。

 

 

シフト自体はかなり余裕がある状態になっていることも多いので、

子育て中の看護師でも、時間に追われる。

というようなことがなく働くことが出来ますよ。

6saisin.jpg看護師という仕事は、

免許を取得することが出来れば、

生涯にわたって医療機関などで働くことが出来る仕事です。

 

一時的に離職をしても、

再度医療現場に復帰しやすいというのは、

看護師ならではの仕事ですよね。

 

責任感を強く持っているという方も多くいます。

 

 

ただ、家庭がある、育児中である。

という看護師の中には、正職員としてではなく、

パートタイマーで働くという看護師も多くいます。

 

ただ、パートタイマーではあまりやりがいがなく、

任せてもらえる仕事も中途半場と感じている人もいますよね。

 

 

その点、血液センターの仕事は、

パートタイマーでもやりがいを感じる事も出来ますし、

責任感もある仕事になります。

 

多くのドナーと触れ合いながら仕事をすることになりますので、

人が好きという看護師にも向いている仕事ですよ。

 

 

献血の仕事は何となく単調で、

やりがいがなさそう。と思うかもしれませんが、

実は医療現場の中では最先端にある仕事にもなっているんです。

 

血液に潜んでいる病気の原因を突き止めるといったことも、

実は血液センターでは研究されているんです。

 

また、直接的に患者さんのケアに当たることは少なくなるものの、

血液を必要としている患者さんに、

自分が採血した血液が提供されることになります。

 

 

間接的には、患者さんにとって

とても重要な血液を届ける仕事になりますよ。

 

血液センター自体が医療の現場としては最先端にありますし、

そこで働く看護師も、

やはり最先端医療に携わっていると言えますよね。

5yarigai.jpg看護師の仕事の中でも、

やや特殊なポジションになっている。

というのが献血の仕事になります。


 

看護師の職場というと、

一般的には病院やクリニックなどですよね。

直接患者さんの応対をすることがおおくなります。





それに対して、血液センターなどの献血の仕事というのは、

相手をするのは健康な方なんです。



献血をして下さるドナーから、

採血をして輸血用血液製剤の材料となる

血液を採取することがお仕事になります。

 

対応する方も異なりますし、

一回の勤務で触れ合うことになる人数も、

病院に比べても多いというケースもあります。


 

 

 

採血というと、

病院ではかなり頻度が高い作業の一つだった。

という方もいますよね。


 

患者さんの身体状態をチェックするために

行うことが多いこの採血です。

でも、献血の採血はまったく異なるものになりますよ。





病院では採血以外にもさまざまな業務がありますが、

献血の仕事は繰り返しこの採血を行います。



採血に使う機器類も、

通常の血液検査の採血とは全くことなります。





作業としては単調ですし、

中にはやりがいを見いだせない方もいるかもしれません。



でも、実は間接的には血液を必要としている患者さんのためになり、

直接的には血液提供者のケアをするという仕事です。



血液提供者にたいして気を配りながら働くことが必要です。

実は考え方次第では、

やりがいをとても感じられる仕事なんですよ。

4osusume.jpg看護師の求人先というのは、

最近ではとても多岐にわたりますよね。

 

オーソドックスな病院勤務以外にも、

さまざまな施設などで働く方もいますし、

企業や百貨店、ホテルなどの医務室で働くという方もいます。

 

 

そんな中で、やや求人数としては少ないと言われていますが、

血液センターで働く。

という看護師もいます。

 

血液センターはいわゆる献血を行っている職場で、

看護師の仕事としては採血を行う事がメインになってきます。

 

また、血液提供者に対するメンタルケア、

そして保健指導なども行うんですよ。

 

 

献血中に血液提供者の方が

体調を崩してしまうというケースもあります。

 

このようなことが起こらないように話しかけたり、

観察をすることなどが必要なんです。

 

 

 

献血の仕事の中心は、

確かにドナーからの血液採取です。

 

でも、この血液は血液センターで血液製剤となり、

輸血を受ける患者さんの元に届けられます。

 

 

実は間接的には患者さんと、

そして直接的にはドナーさんとかかわりを持つ、

かなり有意義でやりがいがある仕事なんですよ。

 

 

仕事としては夜勤がなく、残業なども少なめになっているため、

子育て中の主婦や、家庭などに事情で夜勤などが難しい方でも

続けやすい仕事になっています。

 

 

給料はやや低めにはなりますが、

福利厚生の面がかなり手厚いメリットがある仕事になります。

 

年間を通して休日も確保しやすく、

精神的にも患者さんの対応ではない分楽な部分も多くなりますよ。

献血の仕事は難しいの?

3muzukasi.jpg医療現場で働くイメージが強い看護師ですが、

実は病院以外の場所でも働く看護師は沢山います。

 

その一例として、血液センターがあります。

 

 

血液センターも広い意味では医療現場ですが、

看護師の仕事としては献血の仕事があります。

 

献血の仕事は血液センターを中心に、

献血バスや献血ルームなどに勤務することになります。

 

 

一般的な病院施設とは異なる面が沢山あるので、

初めて献血の仕事に携わるという方にとっては、

最初は戸惑いなどもあるのではないでしょうか?

 

 

献血というのは、ドナーから採血した血液を、

血液製剤として患者さんに投与するために行うものです。

 

一般的な血液検査の採血とは異なり、

採血する血液量も多くなりますし、

採血にかかる時間もある程度必要になります。

 

 

そのため、採血作業も慎重に行う必要がありますし、

取扱も慎重に行う必要がありますよね。

 

血液に関する知識なども身に着ける必要があります。

ドナーは健康な方が殆どです。

 

 

その方に血液を提供していただくので、

スムーズな対応というのは必須になります。

 

献血の仕事内容や、ドナーへの対応法などは、

経験が豊富なスタッフに教わりながら、

仕事を覚えることが大切ですよね。

 

 

献血のスタッフとして一人前になるには

ある程度の時間はかかるようですよ。

献血の仕事ってどんな感じ?

2dona.jpg看護師として働いていると、

以外に献血に行く機会というのはなかなかありませんよね。


 

実際に血液センターで働いている看護師が、

どんな仕事をしているのかを知らない

という方も多いのではないでしょうか?





採血をするための装置を操作したり、

ドナーの観察などがあります。



業務内容としては難しいということはありませんし、

繰り返し行うことになるため、

最初は慣れなくても自然と覚えてしまいます。





手順を覚える前はやや難しいと感じるかもしれませんね。



相対する方は患者さんではなくドナーさんで、

健康な方が多いという特徴もありますよ。







献血は健康な方がドナーとして献血をして下さるという行為です。



実はそのために、病院とは異なり、

看護師は質の高い接遇をもって対応をする。

ということが必要になってきます。





医療を行うためにはこの献血から得られる血液は

とても大切なものですよね。



その血液を提供していただくのですから、

感謝の気持ちで接する必要があるんです。





ただ、仕事内容としては難易度は比較的低く、

夜勤もありませんし、

一回の勤務の勤務時間も比較的短いという特徴があります。



やや収入面では病棟勤務に比べると低めなので、

高収入を希望する人にはやや不向きです。



またキャリアアップ・スキルアップという点はあまり望めませんが、

プライベート重視の方にはよい仕事ですよ。

献血の仕事に向いている人って?

1muiteiru.jpg献血の仕事をする看護師が、

実際に行う仕事ってどんなことになるのでしょうか?

 

まずは献血前の血液検査の注射器の用意や、

さまざまな機器の消毒、

そして献血などに使用した針の処理などがありますよ。

 

 

一日に対応する人数がとても多いためにやはり大変な仕事にはなりますが、

仕事としてはパターン化されているので、

ルーチンワークが得意というに人にはおすすめです。

 

 

献血は献血バスをはじめ、

献血ルームといった場所で行うことが多くなります。

 

 

様々な方に出会うことが出来るお仕事なんですよ。

気を使ったり心配りなども大切ですよね。

 

 

 

献血の仕事に向いている看護師というのは、

まずは穿刺ことが苦手ではない人というのは当然です。

さらには、場の雰囲気づくりが上手な人が向いていますよ。





献血をして下さるドナーの中には、やはり緊張している方も、

不安感を持っているという方もいます。

このような方をリラックスさせることが大切ですよね。

 

 

待合で待っているという方もいます。

だいたいはマナーを守って待っていて下さる方が多くなりますが、

時にはトラブルが起こる可能性も。

 

看護師がその場の雰囲気を和ませる。

ということができれば、やはりいいですよね。

 

 

このような人間性というものは、

献血の仕事をする上ではとても大切なんですよ。

出張もある?!

mwgaegeaw.jpg

各都道府県には献血を行う法人団体があり、
また、その出先事務所を都市部などに配置して
献血を呼び掛けているところですが、

こうしたところで働く看護師は、
大抵が日勤での就労となります。ただ、その勤務は、
早朝朝早く出かけなければならない場合が多々あり、
就労する地域によっては帰りも遅くなる場合があります。


ただ待っているだけでは
なかなか一般の人には来てもらえないことも多いのです。

専用の車両で出張により
その都道府県内の商業施設であったり、
あるいは市役所等の人の出入りが多い場所へと
赴いて受け付けることが多くあったりします。


早朝に出勤して準備をし、車両に乗り込んで移動、
出張先では夕方近くまで受け付けを行い、
その後後片付けをして
事務所に戻るという流れになってきます。


通常は夕方までの勤務

出張がそんなに多くあるわけではありませんが、
出張日はかなり忙しく
ドタバタすることも少なくありません。

ただ、それ以外では
朝は一般の会社員や公務員と同じように出勤し、
夕方までの勤務という形が通常
なので、
その点では働きやすいと言える面もあります。


不規則な就労がそれほど多くはありませんし、
夜勤などはまずない
です。

就労時間を同じように安定して働きたい人にとっては、
良い条件であると言えるでしょう。


患者に間接的に貢献できる仕事

ujehg.jpg
献血センターや献血専用車などに勤務する看護師は
主に日勤であることが多く、
専門のスタッフが単発で入ることもあります。

ブランクのある看護師でも参加できるので、
現場への復帰のためや本職として復帰するために
経験を積むために働くような側面もあります。


この仕事においてのやりがいは、
手術の現場で医療を支えるだけではありません。

手術や血液製剤を作るために必要な
品質の良い血液を集めるために貢献でき、
患者に間接的に貢献できること
です。


看護の現場にある経験をしっかりと
世の中のために生かすことができるので、
毎日ちょっとしたことでもやりがいがあります。


副業感覚で働ける?!

特に、センターに訪れるような
人々の優しい気持ちを感じることもできるので、
悲しい気持ちになることなく
仕事ができるのも魅力の一つ
です。

お金が直接介在しないことや、
人々の良心や助け合いの心に
触れながら仕事ができるので、
病院勤務よりも気持ちよく働けることが多いです。


病院勤務では
力を尽くしても助けられない命もあります。

しかし、こうした仕事では
悲しみを背負うことがないので
ストレスをそれほど感じずに仕事ができます。


日勤でも拘束時間は長くないので
副業感覚で仕事に取り組むことも
可能
なものとなっています。