日勤で人気の献血ナースの意外な実態

出張もある?!

mwgaegeaw.jpg

各都道府県には献血を行う法人団体があり、
また、その出先事務所を都市部などに配置して
献血を呼び掛けているところですが、

こうしたところで働く看護師は、
大抵が日勤での就労となります。ただ、その勤務は、
早朝朝早く出かけなければならない場合が多々あり、
就労する地域によっては帰りも遅くなる場合があります。


ただ待っているだけでは
なかなか一般の人には来てもらえないことも多いのです。

専用の車両で出張により
その都道府県内の商業施設であったり、
あるいは市役所等の人の出入りが多い場所へと
赴いて受け付けることが多くあったりします。


早朝に出勤して準備をし、車両に乗り込んで移動、
出張先では夕方近くまで受け付けを行い、
その後後片付けをして
事務所に戻るという流れになってきます。


通常は夕方までの勤務

出張がそんなに多くあるわけではありませんが、
出張日はかなり忙しく
ドタバタすることも少なくありません。

ただ、それ以外では
朝は一般の会社員や公務員と同じように出勤し、
夕方までの勤務という形が通常
なので、
その点では働きやすいと言える面もあります。


不規則な就労がそれほど多くはありませんし、
夜勤などはまずない
です。

就労時間を同じように安定して働きたい人にとっては、
良い条件であると言えるでしょう。


患者に間接的に貢献できる仕事

ujehg.jpg
献血センターや献血専用車などに勤務する看護師は
主に日勤であることが多く、
専門のスタッフが単発で入ることもあります。

ブランクのある看護師でも参加できるので、
現場への復帰のためや本職として復帰するために
経験を積むために働くような側面もあります。


この仕事においてのやりがいは、
手術の現場で医療を支えるだけではありません。

手術や血液製剤を作るために必要な
品質の良い血液を集めるために貢献でき、
患者に間接的に貢献できること
です。


看護の現場にある経験をしっかりと
世の中のために生かすことができるので、
毎日ちょっとしたことでもやりがいがあります。


副業感覚で働ける?!

特に、センターに訪れるような
人々の優しい気持ちを感じることもできるので、
悲しい気持ちになることなく
仕事ができるのも魅力の一つ
です。

お金が直接介在しないことや、
人々の良心や助け合いの心に
触れながら仕事ができるので、
病院勤務よりも気持ちよく働けることが多いです。


病院勤務では
力を尽くしても助けられない命もあります。

しかし、こうした仕事では
悲しみを背負うことがないので
ストレスをそれほど感じずに仕事ができます。


日勤でも拘束時間は長くないので
副業感覚で仕事に取り組むことも
可能
なものとなっています。



カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、dyrtgが2015年1月23日 15:51に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「献血の仕事に向いている人って?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。