献血の仕事に向いている人って?

1muiteiru.jpg献血の仕事をする看護師が、

実際に行う仕事ってどんなことになるのでしょうか?

 

まずは献血前の血液検査の注射器の用意や、

さまざまな機器の消毒、

そして献血などに使用した針の処理などがありますよ。

 

 

一日に対応する人数がとても多いためにやはり大変な仕事にはなりますが、

仕事としてはパターン化されているので、

ルーチンワークが得意というに人にはおすすめです。

 

 

献血は献血バスをはじめ、

献血ルームといった場所で行うことが多くなります。

 

 

様々な方に出会うことが出来るお仕事なんですよ。

気を使ったり心配りなども大切ですよね。

 

 

 

献血の仕事に向いている看護師というのは、

まずは穿刺ことが苦手ではない人というのは当然です。

さらには、場の雰囲気づくりが上手な人が向いていますよ。





献血をして下さるドナーの中には、やはり緊張している方も、

不安感を持っているという方もいます。

このような方をリラックスさせることが大切ですよね。

 

 

待合で待っているという方もいます。

だいたいはマナーを守って待っていて下さる方が多くなりますが、

時にはトラブルが起こる可能性も。

 

看護師がその場の雰囲気を和ませる。

ということができれば、やはりいいですよね。

 

 

このような人間性というものは、

献血の仕事をする上ではとても大切なんですよ。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、dyrtgが2015年5月20日 08:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日勤で人気の献血ナースの意外な実態」です。

次のブログ記事は「献血の仕事ってどんな感じ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。