待遇の最近のブログ記事

8sukunai.jpg血液センターの看護師の給料というのは、

ちょっと気になりますよね。

 

基本的には夜勤がなく、

残業も少ないという点があります。

つまり、夜勤手当や残業手当がないんです。

 

 

基本給ベースでは実は大きな差がないのに、

この夜勤手当と残業手当という二つの大きな収入源がないので、

やはり少な目にはなるんです。

 

ただ、別の手当がたくさんつくこともあるんですよ。

少し変わった手当としては、地域手当があります。

 

これは勤務する地域によっては異なります。

勤続年数が長くなってくると、

住居手当や扶養手当なども付いてくることもあります。

 

 

あまり多くはないとはいえ、

残業があれば残業手当もちゃんとついてきます。

 

このような手当を含めると、

初年度の年収が350万円くらいになることも多いんです。

 

 

勤続年数が長くなってくると、

実は基本給も高くなります。

 

基本給があがると、

実はさまざまな部分で収入が増えていきます。

例えば、残業手当も基本給をベースで計算されますし、

ボーナスも基本給がベースです。

 

長く勤めれば当然、各種手当などがあがる、

ボーナスがあがるということになりますよね。

 

 

血液センターでは休日出勤もありますので、

この休日出勤の手当も付きますし、

年末年始などには特別手当も出ますよ。

 

 

以外にさまざまな手当をもらうことが出来るので、

思っていたほど給料は少なくなかった。

という人も多いんですよ。

血液センターの仕事の給料って?

7kyuuryo.jpg血液センターの看護師と言えば、

実は夜勤なし、残業も少なめという職場になっています。

 

看護師の多くは、夜勤もあり残業も多い。

という病棟勤務を経験していると思います。

 

 

給料明細などをみると、

夜勤手当や残業手当の金額が

桁違いに多かった人も多いですよね。

http://seo-result.biz/

 

そうなると、血液センターの仕事はこの夜勤手当、

残業手当が付かない分、とても低くなるのでは?

と思いますよね。

 

 

実際にもらうことが出来る給料は、

月収でだいたい20万円くらいになります。

 

基本給だけでみたら、だいたい病院勤務と同じですが、

手当が付かない分やや低くなるということは、

確かにありますよね。

 

 

ただ、基本給の部分はこのようになっていますが、

実際に働いてみると、意外に多くの収入になっていることもあります。

 

これは経験加算や通勤手当、家族手当、住宅手当など、

各種手当が付くことが大っくなるからです。

 

 

献血の仕事を長年務めていくと、

はやり実務経験が増え給料アップも狙えるんですよ。

 

 

正職員ではなくパートとして働く場合には、

だいたい日給で計算されます。

 

8000円~9000円というところが多く、

プラスして交通費などの支給もありますよ。

 

 

シフト自体はかなり余裕がある状態になっていることも多いので、

子育て中の看護師でも、時間に追われる。

というようなことがなく働くことが出来ますよ。

4osusume.jpg看護師の求人先というのは、

最近ではとても多岐にわたりますよね。

 

オーソドックスな病院勤務以外にも、

さまざまな施設などで働く方もいますし、

企業や百貨店、ホテルなどの医務室で働くという方もいます。

 

 

そんな中で、やや求人数としては少ないと言われていますが、

血液センターで働く。

という看護師もいます。

 

血液センターはいわゆる献血を行っている職場で、

看護師の仕事としては採血を行う事がメインになってきます。

 

また、血液提供者に対するメンタルケア、

そして保健指導なども行うんですよ。

 

 

献血中に血液提供者の方が

体調を崩してしまうというケースもあります。

 

このようなことが起こらないように話しかけたり、

観察をすることなどが必要なんです。

 

 

 

献血の仕事の中心は、

確かにドナーからの血液採取です。

 

でも、この血液は血液センターで血液製剤となり、

輸血を受ける患者さんの元に届けられます。

 

 

実は間接的には患者さんと、

そして直接的にはドナーさんとかかわりを持つ、

かなり有意義でやりがいがある仕事なんですよ。

 

 

仕事としては夜勤がなく、残業なども少なめになっているため、

子育て中の主婦や、家庭などに事情で夜勤などが難しい方でも

続けやすい仕事になっています。

 

 

給料はやや低めにはなりますが、

福利厚生の面がかなり手厚いメリットがある仕事になります。

 

年間を通して休日も確保しやすく、

精神的にも患者さんの対応ではない分楽な部分も多くなりますよ。

献血の仕事ってどんな感じ?

2dona.jpg看護師として働いていると、

以外に献血に行く機会というのはなかなかありませんよね。


 

実際に血液センターで働いている看護師が、

どんな仕事をしているのかを知らない

という方も多いのではないでしょうか?





採血をするための装置を操作したり、

ドナーの観察などがあります。



業務内容としては難しいということはありませんし、

繰り返し行うことになるため、

最初は慣れなくても自然と覚えてしまいます。





手順を覚える前はやや難しいと感じるかもしれませんね。



相対する方は患者さんではなくドナーさんで、

健康な方が多いという特徴もありますよ。







献血は健康な方がドナーとして献血をして下さるという行為です。



実はそのために、病院とは異なり、

看護師は質の高い接遇をもって対応をする。

ということが必要になってきます。





医療を行うためにはこの献血から得られる血液は

とても大切なものですよね。



その血液を提供していただくのですから、

感謝の気持ちで接する必要があるんです。





ただ、仕事内容としては難易度は比較的低く、

夜勤もありませんし、

一回の勤務の勤務時間も比較的短いという特徴があります。



やや収入面では病棟勤務に比べると低めなので、

高収入を希望する人にはやや不向きです。



またキャリアアップ・スキルアップという点はあまり望めませんが、

プライベート重視の方にはよい仕事ですよ。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち待遇カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは環境です。

次のカテゴリは仕事内容です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。